2017年1月5日木曜日

年の初めはグループワークから。

本年の授業初めはグループワーク。「物語づくり」をテーマにしました。
最初に「Story Cubes」を使い,出たイラストから物語をリレー形式でつくるアイスブレイクです。
グループの代表が9個のキューブを一度に振り,出たイラストを選択して順番に1つの物語をつくっていきました。

次に,難易度を上げて「KATARUTA」の追加です。
KATARUTAは,トランプの中に「もし」「いつか」「でも」など話をつなぐ言葉が印刷されています。Story Cubesで話をつなぐときに1枚ひき,出た接続の言葉を用いるよう制限したところ,最後に話をまとめる担当のところで「それはさておき」とか「個人的には」が出てしまい,新しい話が始まるなどの大騒ぎに・・・

さらに,LEGOの「Story Starter」を使い,6人で1つの物語をつくるワークです。グループで話のあらすじを作成した後に,それぞれ担当の場面をレゴで作成し,プレゼン用の写真を撮影。

次回は写真を使って「紙しばい」の発表会へ。どんな話になるか楽しみです(^^)v







2016年8月24日水曜日

安価で簡単なiPad管理をめざす

大学の理科室で使用するiPadを整備しています。

一昨年度からこつこつと購入を進め,この夏16台になりました。
さて,これらのiPadを管理するにはキャビネットが必要だけど,予算の都合で購入できないため,電源供給USBハブと100円ショップのファイル立て,クリップを活用することに。








同期はiTunesを使います。MacBookAir で,1台基本形のiPad設定を終えたら,あとはそのバックアップを各iPadと同期し,同期が終わるごとにiPadの名前変更→バックアップ作成の作業を進めました。

apple configurator で管理をする方法もありますが,まずはiTunesからスタート。慣れてきたら,他の便利な方法を追究しようと思います。

2016年8月12日金曜日

アクティブ・ラーニングとICT体験型研修会


今月22日に,「アクティブ・ラーニングとICT体験型研修会」のセミナーで講演をすることになりました。



理科教育が専門で,ICTの専門家でもなければ,アクティブ・ラーニングの研究者でもないのですが,どうしても「理科」の中では教科の特性からか,PCやタブレットなどICTを結構使います。また,観察や実験,マインドマップなどは「アクティブ・ラーニング」のストライク真ん中。

これまで長年取り組んできて事例がふえてきましたので,このあたりで,自分の取り組みの整理をするとともに,発信することで何かの役に立てば・・と思い,引き受けました。
自分に課した今年の夏休みの宿題ですφ(.. )

入場無料でただいま受付中。

http://www.riken-21.co.jp/seminar/2016/08/ict_4.html

2016年5月23日月曜日

受講者数3000人の節目を迎えて

昨日,広島市内で親子マインドマップ講座のお手伝いをいたしました。気になって数えてみたら,これまで自分の講座を受講してくださった児童・生徒・教育関係者・企業の方々が,この日,総計3,000人に達しました。
2007年にマインドマップに出会い,2008年にブザン公認教育フェロー,そして2012年にはThinkBuzan公認マインドマップ・インストラクターの資格を取得しましたが,その間,講座内容もバージョンアップを重ねていて,最初の講座の時と比べると,ずいぶんと改良のあとが。。。




これからも,受講されたみなさまと一緒にマインドマップを学ぶ機会に感謝しながら,さらなるバージョンアップに取りかかろうと思います。
また,近年,教育関係だけではなく,仕事や日常のthinking toolとして使いこなす講座はありませんか?とリクエストを多くいただいているので,セミナー形式の講座も開催しなければ・・と思案しています。ご要望がありましたら,ご遠慮なく当方までお問い合わせください。



2016年3月16日水曜日

サイエンスショー「電気のいたずら」

先週末,こども文化科学館で担当しているサイエンスショーが,今年度最終回でした。タイトルは「電気のいたずら」。静電気を中心としたショーです。


最初は髪の毛をこすったり,紙の人形を浮かべたりしながら,離れて働く電気の力を感じます。この日は気温が低く,空気が乾燥しているので,下敷きを数回こするだけで「バチバチ」と静電気が発生します。


続いてアルミ缶を静電気で転がします。「くっつく? くっつかない?」の問いかけに,小さな子ども達がよく反応してくれますので,どんどんショーが盛り上がっていきます。


洗浄びんから噴き出す水を曲げたり,ネギ回しをしたりしながら,定番の電気クラゲや電気風船を実演します。


下敷きやパイプを使った実験から,いよいよバンデグラフ実験機を使ったショーに。
いつも写真の人形と一緒に実験を進めますが,もう20年以上一緒にショーを担当している,期待を裏切らない相棒です。実験でなければアヤシイおじさん??

最後は自分のからだに電気をためて,蛍光灯を光らせたり髪を逆立てたり・・。まだ地毛があるので,もうしばらく電気人間になれるかな。
次年度も引き続き担当いたします。科学館に来られましたら,サイエンススタジオにもお立ち寄りくださいませ<(_ _)>






2015年12月25日金曜日

サイエンスショー「光の科学」

先日,今年最後のサイエンス・ショーをこども文化科学館で実施しました。
まずは,シャープペンシルに電流を流して白熱電灯のモデル実験。続いて金属を溶かし込んだ固形燃料に点火し,炎色反応を紹介しました。この実験,同時に色を比較することができ,カラフルなのでお気に入りなのですが,油断をすると火災報知器が作動するので要注意。



いつもなら,ここからウミホタルの生物発光を紹介し,お客様にも体験していただくのですが,本日は暗幕がないサイエンス・スタジオが会場のため,プログラムを変更して,ここから発光ダイオードを使った光の三原色実験に入ります。


発光ダイオードの組み合わせでいろいろな色ができることを紹介し,続いて化学発光です。まずは身近なルミカライトから。SWのライトセーバーみたい。


発光ダイオードの実験と同じように,発光液を混ぜ合わせて,いろいろな色をつくります。この日は混ぜ合わせる分量が難しくて,思った色になりませんでした。お客様に気づかれたかな・・・



最後に,コピー用紙で折った折り鶴に酸化液をしみ込ませ,発光液をかけて光る折り鶴の完成です。次回は来年1月9日,静電気の実験で髪の毛を立たせます。








2015年9月7日月曜日

レクリエーション・インストラクター養成講座

大学での1年半にわたるレクリエーション・インストラクター養成講座が,この夏で終了しました。最終回はからまつ学寮での夏合宿。
今年は機動力を生かし,2日目昼食にピザ・パーティを企画しました。
念のため,ピザがうまくいかなかったときの保険に,竹筒ご飯も同時進行です。



コンクリートブロックを組み,内側にアルミホイルを巻いた簡単な釜です。天井と手前のふたは段ボール板を使用。床に「おき」状態の薪を設置し密閉すると,3分後には200度を越えた状態になりました。
油断をすると,ピザが焦げたり,段ボールが炎上したり,酸欠で火が消えたりするので,なかなか目が離せません。




竹筒の炊き込みご飯も成功。いい感じの昼食になりました。
このオーブンをもっと簡単にできないかと思案しているのですが,試しにコールマンのオーブンとたき火台で実験。



熱源としてたき火台+オーブン内に「おき」を使ってみたところ,これでも十分ピザは焼けましたが,温度が160度とやや低めに。。。
もう一工夫,必要です。